fbpx どのようにして私がランニングを好きになったか | Kinetikos

ステータスメッセージ

★5月のMOVEPROウェビナーは、MLB選手達の救世主:エリック・クレッシーの「アスリートの脊椎を保護する:アスリートの脊椎を健康に維持するための7つの重要なレッスン」に決定!詳しくはこちらへ。

どのようにして私がランニングを好きになったか

コンテンツ提供:
2517
Article/Video
Article

私はこれまで、テニスやスカッシュのコート、サッカー場、野球場などで、スポーツのボールを追いかけて走ることに多くの時間を費やしてきました。しかし、ただ走るためのランニングは、決して魅力的ではありませんでした。ランニングは、他のスポーツのトレーニングとして行うのには良い方法ですが、私にとっては、耐え難いほど退屈なものでした。人々が実際に走ることを楽しんでいると伝えてきても、私には理解しがたいことでした。追いかけるボールもないのに、一体どうして楽しいのでしょうか?

でも、それが変わったのです!シアトルでロックダウンが始まって以来、スカッシュをプレイすることができなくなり、私の有酸素運動の主要な手段がなくなってしまいました。そこで、私はもう一度、持続可能なランニングの習慣を身につけることができるかどうかを試すことにしました。現在私は、数ヶ月間ほぼ毎日走っていますが、実は気に入っているのです!以下は、この興味深い、新しい経験についての考察です。

《 コンテンツの閲覧にはアカウント登録が必要です。下記よりご登録ください。 》
無料アカウント登録で、コンテンツ閲覧チケットを5つプレゼント!

コンテンツ提供者の紹介

Better Movement
Todd Hargrove
公認ロルファー/公認フェルデンクライスプラクティショナー
今から20年程前、弁護士という職業に従事していた時に、慢性的な腰痛と闘いながらスカッシュの競技での勝利を目指していた経験をきっかけに、痛みなくより良く動くためには?の探究に没頭するようになる。ストレッチ、コアトレーニング、理学療法、ヨガ、ファンクショナルトレーニング等の全てを試み、理学療法のテキストブックから、東京、西洋、それぞれのアプローチ、痛みの科学に関するリサーチや書籍等、あらゆる書籍から学...