fbpx 機能のために重要なエビデンス:機能的筋肉機能は状況次第! | Kinetikos

ステータスメッセージ

October(10月)はOS三昧!オリジナルストレングスの創始者ティムのウェビナーと、オリジナルストレングスのプレスリセット公式ワークショップ(認定コース)の両方を同時に購入すると10%オフが適用となります。

機能のために重要なエビデンス:機能的筋肉機能は状況次第!

コンテンツ提供:
1887
Article/Video
Article

Zajac FE and Gordon ME. Determining Muscle’s Force and Action in Multi-Articular Movement.(多関節運動における筋肉の力とアクション)Exercise and Sports Science Reviews, 1989, 17:187-230.

30年前に発表されたこの論文は、過去40年間にわたりDr.ギャリー・グレイによって提案されている「人間の動きの真実」であるアプライドファンクショナルサイエンスにかなりのサポートを提供しています。スタンフォード大学のDr. Zajacによる指導を受けた研究者たちによる、これに続く数多くの論文では、機能的運動中の筋肉の働きの理解を、逆動力学と順動力学を伴う力学的モデリングを使用しました。純に解剖学に基づいた筋肉によるものとされる機能と、活動に特化した、多関節運動における筋肉の役割の違いは、トレーニングとリハビリにとってと途方もなく重要なものです。

《 コンテンツの閲覧にはアカウント登録が必要です。下記よりご登録ください。 》
無料アカウント登録で、コンテンツ閲覧チケットを5つプレゼント!

コンテンツ提供者の紹介

Gray Institute
応用機能科学

グレイインスティテュートは応用機能科学( AFS )の導入、開発、修得、提供により国際的に高い認知度を持つ。プロスポーツを含め、あらゆるレベル、能力の個人を対象としたコンサルティング、分析、リハビリテーション、機能のリストア、トレーニング、コンディショニングを幅広く網羅。

ファンクショナルな傷害予防、リハビリテーション、パフォーマンス向上のアプローチにおいて、業界内の最先端をに...