ステータスメッセージ

7月1日正午12:00までの期間限定で、RKCロシアンケトルベル認定コース特別お支払い分割プラン提供中!詳しくはこちらをご覧ください。

硝酸塩と亜硝酸塩についての真実

1469
Article/Video
Article

ベーコンを食べてはいけないということを私たちが話すだろうと考える前に、リラックスしてください。そうではないのです!

しかし、硝酸塩、亜硝酸塩、ニトロソアミンに関して、特に加工肉類(ベーコンやデリミートなど)
に関しては多くの議論があります。これらのトピックに関する作り話から事実を読み解くことは難しくもなりえます!では、これら3つの化合物は何であり、それらは実際に有害なのでしょうか?探ってみましょう!

最初に、それらの違いを明確にしましょう:

硝酸塩はほうれん草、ルッコラ、レタス、スイスチャード、ビート、そして人参などの食品に自然に含まれています。硝酸塩は一酸化窒素に変換され、血管を拡張させます(血流を助ける)。

亜硝酸塩は承認されている食品添加物であり、保存肉やベーコンなどを発色させ、保存期間を伸ばしてくれます。亜硝酸塩はある種の条件下でニトロソアミンに変化します。

ニトロソアミンはタバコ製品に含まれる化学物質であり、ベーコン、保存肉、ビールのような食品にも含まれます。動物においてガンを引き起こすニトロソアミンがあることがわかっており、人間においてもガンのリスクを上げるかもしれません。

《 コンテンツの閲覧にはアカウント登録が必要です。下記よりご登録ください。 》
無料アカウント登録で、コンテンツ閲覧チケットを5つプレゼント!

コンテンツ提供者の紹介

Vancouver Dietitians
食事療法カウンセリング

ブリティッシュコロンビアでは、規定もなく、政府の観閲の対象でもなく、栄養に関心のある個人であれば誰でも使用することができる ”ニュートリショニスト/栄養士”という名称に対して、医師、薬剤師、看護師などと同様に、法律で保護され、医療専門家としての規定に沿った教育を受ける” ダイエティシャン/食事療法士” という資格が存在します。ブリティッシュコロンビア食事療法士大学などの規制機関に登録をする必...