ポッドキャスト Vol 56:平 圭

コンテンツ提供:
1:05:18
Article/Video
Video
一般公開セクション:30:59分
会員ボーナスセクション:34:19分
キネティコスポッドキャストは、一般公開セクションと会員ボーナスセクションの二部構成となっております。キネティコス会員の皆様は、ログイン後アクセスをして両セクションともにお楽しみいただけます。初めてキネティコスをご利用いただく皆様は、まず無料アカウントのご登録をお願いいたします。無料登録により5チケットを提供させていただきますので、このポッドキャストを始め様々なコンテンツにご利用ください。

キネティコスポッドキャスト、今回は座間にある米軍基地でパーソナルトレーナーとして活躍する平圭さんをゲストにお迎えしました。1983年から運動指導に関わる圭さんが、昨年の事故により片脚、片目を失うという大怪我を乗り越えて、運動指導に復帰された経験、そして将来実現したい健常者と障害者が共存する運動イベントに関してなど、勇気をもらえるお話を伺いました。

  • 1983年からエアロビクス指導
  • アメリカ軍の基地での指導のきっかけ
  • 英語環境と日本語環境の違い
  • 駅のホームから転落:大怪我からの復帰

会員ボーナス:

  • リハビリ病院での経験
  • 片目で見ている感覚がなかった
  • 障害を持っても続けられた運動指導
  • 障害者と健常者が共に参加できるイベントを!
《 コンテンツの閲覧にはアカウント登録が必要です。下記よりご登録ください。 》
無料アカウント登録で、コンテンツ閲覧チケットを5つプレゼント!

コンテンツ提供者の紹介

Kinetikos
Kaori Tani
Kinetikos代表取締役

1985年、グループフィットネスインストラクターとして活動を開始以来、アメリカ、日本のヘルス・フィットネスのフィールドにおいて、アクティブに活躍を続ける。

1990年代前半、アメリカスポーツ医学会(ACSM ) 公認エクササイズフィジオロジストとしての認定を受け、グループの指導から個人を対象としたコンディショニングの指導へと指導対象を移行し始める。クライアントの目指すゴールを、...