fbpx 腰痛でも活動的であり続けるアドバイスを擁護する | Kinetikos

ステータスメッセージ

★9月のMOVEPROウェビナーは、イギリスからベン・コーマックが戻ってきます!今回のテーマは「股関節OAの管理と人工股関節置換手術への対応」お申し込み先着30名の方にはクーポンコード入力で参加費¥3,000オフ適用あり!詳細はこちらを。

腰痛でも活動的であり続けるアドバイスを擁護する

コンテンツ提供:
2349
Article/Video
Article

最近、腰痛の際に積極的に活動し続けるというアドバイスに対するエビデンスの欠如をめぐっていくつかの議論がありました。私は個人的に、アクティブであり続けるというアドバイスには大きな価値があると信じており、その理由をここに記します。

まず、これはコクランのメンバーからのものです

「中程度の質のエビデンスは、急性腰痛の患者において、ベッドで安静にするようにとアドバイスを受けた場合と比較して、活動を続けるようにとアドバイスを受けた場合の方が、わずかに痛みの改善と日常の活動を行う能力が改善する可能性があるが、坐骨神経痛の患者は、2つのアプローチ間にほとんど、または、まったく差異がない、と示唆しています。」

《 コンテンツの閲覧にはアカウント登録が必要です。下記よりご登録ください。 》
無料アカウント登録で、コンテンツ閲覧チケットを5つプレゼント!

コンテンツ提供者の紹介

Cor-Kinetic
Ben Cormack
Cor-Kinetic ディレクター/教育者

ベン・コーマックは、コーキネティック(Cor-Kinetic)の創設者である。彼は世界的に有名な教育者であり、研究者であり、国際的なプレゼンター/スピーカーでもある。また彼は2002年以来一流のスポーツやリハビリテーションの分野に関わってきた実績を持つ。

彼は、数多くのトレーナー、理学療法士、オステオパス、スポーツセラピスト、足専門医、強化&コンディショニング(S...