シンボックスを使ってより良い股関節の可動性を構築する

コンテンツ提供:
5:28
Article/Video
Video

シンボックスのポジションは、股関節の可動性を確認するために利用できるポジションの一つです。可動性の不足のために、このポジションに心地よく入ることができない人たちに提供できる、よりフレンドリーなリグレッションとは?

《 コンテンツの閲覧にはアカウント登録が必要です。下記よりご登録ください。 》
無料アカウント登録で、コンテンツ閲覧チケットを5つプレゼント!

コンテンツ提供者の紹介

DVRT
Josh Henkin
DVRTシステム 代表/CSCS

ジョシュ・ヘンキンは、フィットネス・スポーツパフォーマンス業界で20年の経験を持つ公認ストレングス・コンディショニング・スペシャリストである。

彼は10代半ばで足首の負傷に悩まされて以来、フィットネス・パフォーマンストレーニングに関心を持ち始めた。医師には二度と正常な歩行はできなくなるだろうと診断されたものの、ストレングストレーニングに出会い、負傷から回復しただけでなく、彼の初...