fbpx ポッドキャスト Vol 176:田中 創 | Kinetikos

ステータスメッセージ

春のDVRT祭り開催中!ジョシュとジェシカのMOVEPROウェビナーや、新しいプログラム、セールなど嬉しい特典が盛りだくさんです!詳細はこちらをご覧ください。

ポッドキャスト Vol 176:田中 創

コンテンツ提供:
1:08:16
Article/Video
Video
一般公開セクション:31:49分
会員ボーナスセクション:36:27分
キネティコスポッドキャストは、一般公開セクションと会員ボーナスセクションの二部構成となっております。キネティコス会員の皆様は、ログイン後アクセスをして両セクションともにお楽しみいただけます。初めてキネティコスをご利用いただく皆様は、まず無料アカウントのご登録をお願いいたします。無料登録により5チケットを提供させていただきますので、このポッドキャストを始め様々なコンテンツにご利用ください。

キネティコスポッドキャスト、今回は理学療法士である田中創さんをゲストにお迎えしました。理学療法士として整形外科で活躍されるとともに大学院で博士課程修学中でもある田中さんに、リサーチのテーマでもある「痛み」についてのより良い理解と、その現場での重要性についてなど興味深いお話を伺いました。田中さんの論文も皆さん、ぜひチェックしてください。

  • 宮崎の仙台?高校卒業までスキー一筋
  • 教員としての指導経験中に感じた焦る気持ち
  • 情報は論文で残したい
  • 論文だけで変えられないことは現場で

会員ボーナス:

  • 夏にスタートするマスキュロスケルタルラボ
  • 痛みを理解するためには心と身体を共に見ることが重要
  • テクニックだけでは変えられないこと
  • 身体知覚異常とは
《 コンテンツの閲覧にはアカウント登録が必要です。下記よりご登録ください。 》
無料アカウント登録で、コンテンツ閲覧チケットを5つプレゼント!

コンテンツ提供者の紹介

Kinetikos
Kaori Tani
Kinetikos代表取締役

1985年、グループフィットネスインストラクターとして活動を開始以来、アメリカ、日本のヘルス・フィットネスのフィールドにおいて、アクティブに活躍を続ける。

1990年代前半、アメリカスポーツ医学会(ACSM ) 公認エクササイズフィジオロジストとしての認定を受け、グループの指導から個人を対象としたコンディショニングの指導へと指導対象を移行し始める。クライアントの目指すゴールを、...