トレーニングと怪我のパラドックス

コンテンツ提供:
2:03
Article/Video
Video

トレーニング負荷がハードだから怪我をするというのは本当なのでしょうか?慢性(長期的)トレーニング負荷と、急性(短期的)トレーニング負荷の比率を基にしたトレーニングのプログラミングが怪我の予防に繋がると示唆するティム・ギャベットからのメッセージです。

《 コンテンツの閲覧にはアカウント登録が必要です。下記よりご登録ください。 》
無料アカウント登録で、コンテンツ閲覧チケットを5つプレゼント!

コンテンツ提供者の紹介

Gabbett Performance Solutions
Tim Gabbett
スポーツ科学者

ティム・ギャベット教授は、応用スポーツ科学者として過去25年間に渡り、幅広い層のスポーツにおけるコーチやアスリート達と関わる経験を持つ。

人間生理学の博士号、及び、身体への負荷、障害予防、技能獲得に特に関連した応用スポーツ科学において博士号を保持する。250以上の同業者による論表を受けた論文を発表し、400以上のオーストラリア国内、及び国際的なカンファレンスでのプレゼンテーショ...