プロ野球選手の生体力学的考慮

1402
Article/Video
Article

生体力学的適応パターン (BAPs) は、程度はあっても私達人間全員に少なからず存在します。しかし、日々、何ヶ月間も、多くの場合何年も同じ動作パターンを繰り返酢ようなアスリートの場合、より強いBAPsを構築します。こういったパターンは競技以外の時でさえ望ましくない非対称性活動をする一因となります。野球はBAPsを促進し、大抵の場合要求する競技です。パターンはたいてい、その人が特定のポジションでトレーニングやパフォーマンスをし始める初期段階に始まります。アスリートが各ポジションにおいて身を置く具体的な動作への要求は理想的、または理想的でない動作へと繋がる神経的、予測的、発達的過程に貢献します。

望ましくないパターンは、相反性、交互性に関わらず大抵予測や計測が可能で、一貫的です。これらのBAPsが存在することは重要で、そのために野球選手はプレーするポジションにおいて優位に立てるのです。しかし対側性や同側性のオーバーユースのせいで犠牲にならないように、対称的で最大の関節運動が保持されることも同じく大切です。BAPsが身体力学的で対称性の動作を通して、チャレンジされたりバランスをとられなかった場合に構造的アンバランスが発生し、しつこい怪我という結果となるのです。 

《 コンテンツの閲覧にはアカウント登録が必要です。下記よりご登録ください。 》
無料アカウント登録で、コンテンツ閲覧チケットを5つプレゼント!

コンテンツ提供者の紹介

Postural Restoraton Institute
PRI
リハビリテーション

ロン・ハラスカによって設立されたポスチュラル リストレーション インスティチュート ( PRI )は、姿勢の適応の科学、非対称パターン、複数関節を通る筋肉連鎖の影響を探索し解説する為に設立された団体である。より向上した身体医療の道筋を探し続けることを使命とするPRIは、呼吸、筋運動学、神経筋的応用や姿勢のアンバランス等に関わる知識や技術をより深めたいと願う専門家達へ、リソース、教育の機会、患...