イマキュレートダイセクション : 下肢

¥89,800(税抜)
お申し込み状況: 
残り18席です!
46

「ブレーミングのサブシステム」入門レクチャーとの組み合わせで¥5,000オフ!

イマキュレートダイセクション:下肢

東京 7月2日(火) - 7月4日(木)




過去に開催したイマキュレートダイセクション下肢から。膝の痛みに関与する要因の一つである縫工筋の機能不全と、その修正方法。7/2-7/4の東京クラスをお楽しみに!

イマキュレートダイセクション(綺麗な解剖)とは?

イマキュレートダイセクションは、パルペーション(触診)とコレクティブエクササイズの臨床的応用を適用することで、解剖学の理解を助けるために開発された教育プログラムです。実際の臨床的応用への移行なしに解剖学を指導するクラスが数多く存在する中で、このコースでは、基本的な骨のランドマークを確認し、下肢の筋肉群の機能解剖学を詳細に解説し、下肢の筋肉群のパルペーションをガイドします。視覚化と手で触る感覚を通して、構造解剖を学ぶことで、確固とした解剖学の知識の学習を助けることを目指しています。ボディペインティングを施したライブモデルを通して、解剖学が視覚化されることで、パルペーションも、よりしっかりとしたものになります。解剖学に注目をしたコレクティブエクササイズは、詳細な解説とデモによって提供され、また実際に経験をすることを通して学ぶことになります。

イマキュレートダイセクション:下肢

コースの概要:イマキュレートダイセクション(綺麗な解剖)は、実際の人体解剖の”嫌な”部分を取り除いた解剖学のコースです。神経筋骨格系の機能解剖学を、解剖学者であるDr.キャシー・ドゥーリーのリードによるレクチャーとパルペーション(触診)による指導と、アーティストであるダニー・クィークが手がける素晴らしいボディペインティングによる身体構造の視覚化して学ぶことができる、ユニークで奥深い解剖学の学びの場となるでしょう。今回の2.5日間のコースでは、下肢の筋群をカバーします。

レクチャー:下肢の筋肉群の起始部、停止部、遠心性収縮、求心性収縮、血液供給、神経支配、共通の関係性(協働筋、拮抗筋、骨のランドマークなど)を詳細に渡りカバーします。

パルペーション:ボディペインティングを施したライブのモデルを使っての部位の確認を行い、立体的な理解を深めた後で、参加者同士での解剖学的身体構造の触診による位置の確認を行います。

コレクティブ:ストレッチ、ブリッジ、ランジ、ゲットアップ、スクワット、ヒップヒンジなどを含んだ機能向上のためのコレクティブエクササイズ戦略をご紹介します。

    パート1:解剖学レクチャーとパルペーションスキル

  • 筋肉の起始部、停止部、遠心性収縮、求心性収縮、血液供給、神経支配、共通の関係性(協働筋、拮抗筋、骨のランドマークなど)を詳細に渡りカバーします。
  • 各身体構造のパルペーションの紹介と練習
  • 詳細に渡り学ぶ構造は下記の通りです:
      • 大腿筋膜張筋
      • 縫工筋
      • 大腿直筋
      • 腸腰筋
      • 恥骨筋
      • 長内転筋
      • 短内転筋
      • 大内転筋
      • 薄筋
      • 外側広筋
      • 内側広筋
      • 中間広筋
      • 下腿部前面:
        • 前脛骨筋
        • 長趾伸筋
        • 長母趾伸筋
        • 第三腓骨筋
      • 下腿部外側:
        •  長腓骨筋
        • 短腓骨筋
      • 大臀筋
      • 中臀筋
      • 小臀筋
      • 梨状筋
      • 内閉鎖筋
      • 上双子筋&下双子筋
      • 大腿方形筋
      • 外閉鎖筋
      • 大腿二頭筋
      • 半腱様筋
      • 半膜様筋
      • 膝窩筋
      • 下腿部後面:
        • 後脛骨筋
        • 長母趾屈筋
        • 長趾屈筋
        • 腓腹筋
        • ヒラメ筋
        • 足底筋

      パート2:コレクティブエクササイズ

    • 特にパート1でカバーされた身体構造に関連するコレクティブエクササイズの応用とコーチングポイントを学びます。
    • これらのエクササイズは、よく知られたものではありますが、適切なキューイングが行えために十分にその効果が引き出せない場合もあるのではないでしょうか?Dr.ドゥーリーが、実際に臨床の現場で継続性の高い効果を上げている指導方法を学びましょう。
      • ストレッチ
        • 股関節屈筋ストレッチ
        • 股関節伸筋ストレッチ
        • 股関節内転筋ストレッチ
        • 股関節外転筋ストレッチ
      • ブリッジ
        • 両脚
        • 片脚
        • ハイブリッジ
      • ランジ
        • フロント
        • サイド
      • ゲットアップ
      • スクワット
        • ロッキング
        • ボックススクワット
        • ゴブレットスクワット
      • ヒップヒンジ
        • バーを使ったヒンジ
        • タオルを使ったヒンジ
        • KBデッドリフト
        • シングルレッグKBデッドリフト
      • KBスイング
    日時:2019年7月2日(火) - 7月4日(木) の2.5日間
  • 2日(火) 9:30 ~ 17:30 (受付開始:9:00) 昼食休憩(1時間)
  • 3日(水) 9:15 ~ 17:30 昼食休憩(1時間)
  • 4日(木) 9:15 ~ 13:00

会場:剛堂会館(明治薬科大学紀尾井町サテライトラーニングセンター)1F 会議室
東京都千代田区紀尾井町3-27 アクセス

講師:Dr.キャシー・ドゥーリ / ダニー・クィーク / Dr.アナ・フォルクマー

通訳:谷 佳織

    参加費:¥89,800(税抜)
  • (Kinetikos 会員割引き:ライト会員の方は5%オフ、スタンダード会員の方は10%オフ、プレミアム会員の方は15%オフ)

継続教育単位:申請中

イマキュレートダイセクション チーム



Dr.キャシー・ドゥーリー


Dr.キャシー・ドゥリーは、カイロプラクティックドクターであり、彼女が共同経営するニューヨークマンハッタンにある、カタリストスポーツにて臨床治療家として活躍するかたわら、ニューヨークにあるアルバート・アインシュタイン医科大学及びウェイル・コーネル医科大学の2校において解剖学の講師としても活躍中。

ニューヨーク大学歯学部の非常勤教授であると共に、西インド諸島グレナダにあるセントジョージ医科大学の客員教授、ニューヨーク手足治療医科大学の肉眼解剖学の助講師も務める。

彼女は、また NeuroKinetic Therapy™(神経運動セラピー)及び Immaculate Dissection(清潔な解剖)という名称の2つのセミナーシリーズのリードインストラクターでもある。

東洋医学を熱心に学ぶ彼女は、現在ニューヨークのパシフィック東洋医科大学の修士課程で鍼灸とハーブの研究を行っている。

彼女のウェブサイトである drdooleynoted.com の運営、及び科学誌 Clinical Anatomy(臨床解剖学)の医学評論も担当。

保有認定資格は下記の通り:アクティブリリーステクニック(ART)、ニューロキネティックセラピー(NKT™)、モーションパルペーションインスティチュート(MPI)、ロシアンケトルベルチャレンジ(RKC)、ストロングファースト(SFG)、認定ケトルベルファンクショナルムーブメントスペシャリスト(CK-FMS)セレクティブファンクショナルムーブメントアセスメント(SFMA)。

ニューヨーク州クイーンズ在住。公園でケトルベルトレーニングをしたり、通勤途上の地下鉄車中でブログ記事を執筆する姿を目撃されることもしばしばある彼女は、腹式呼吸で歌い、安定したコアと可動性の高い四肢でダンスをすることを愛し、主にスプリントドリルとケトルベルでのトレーニングを行っている。



ダニー・クィーク


イラストレーター、ボディペインティングを含む解剖学アーティスト。水彩画をはじめとする様々な手法によるアートを表現する中で、身体は彼を常に魅了するテーマであり続けた。2011年に、彼の”自己解剖”シリーズが、Dr.Frank Scaliの注目を集めることとなり、Dr.Scali の臨床解剖学の書籍やジャーナルのイラストを担当することになる。

2012年に、彼は身体構造をボディペンティングで表現することにより、アート界のみでなく医療/科学の分野でも注目をされるようになり、2013年にDr.ドゥーリーの人体解剖クラスを受講したことがきっかけとなり、教科書で学ぶ解剖学と解剖実習の橋渡しとなる、ユニークなイマキュレートダイセクションのコンセプトが生まれる。彼の作品は、各種の医療ジャーナルにも多数掲載され、大学や医療施設などでの講演も行なっている。



Dr.アナ・フォルクマー


Dr.アナ・フォルクマーは、ニューヨーク州マンハッタンで開業する、鍼灸師であり、認定漢方医である。クラッシックバレエからモダンダンサーとしてのトレーニングを積み重ねてきたバックグランドが、運動学を基本とした機能解剖学と運動療法への関心を募らせることとなる。パフォーマーとして、また振付家としても、数々のシアターパフォーマンスに関わる経験を持つ。

2013年、Dr.ドゥーリーの指導する解剖実習クラスのアシスタントとして参加した時に、アーティストのダニーに出会い、以来3名のチームが結成されることになる。

針灸及び東洋医学の臨床医の資格を所有。


下記の注意事項をご確認のうえ、お申し込みくださいますようお願いいたします。

参加費のキャンセル料に関して:
参加申し込み受付後のキャンセルに関しては、一律コース参加費の10%を手数料として徴収させていただきます。また、コース開催日の2ヶ月前(05/02)以降における、申込者のご都合によるキャンセルの場合、参加費の50%を、また開催前日(07/01)以降の場合、参加費の100%を、それぞれキャンセル料として徴収させていただきますことをご了承下さい。

  • ご入力のメールアドレスにご案内を送らせていただきます。メールアドレスの入力をお間違えのないよう、ご確認ください。
  • 携帯メールの場合、せっかくお問い合わせいただきましても、受信拒否されてしまい、お返事が送れないというケースが多発しております。お手数ですが、「@kinetikos.jp」からの受信設定をお願いします。
  • お申し込み後、弊社からの確認メールがご指定のメールアドレス宛に届かない場合は、ご記入頂いたメールアドレスに何らかの問題がある場合がございます。この場合、お手数ですが、再度メールにてご連絡をいただけますようお願い致します。

Kinetikos 会員割引が適用されます:ライト会員5%、スタンダード会員10%、プレミアム会員15%
詳細に関してはこちらをご覧下さい。